HOME テクノストラクチャー(広さと自由度) site map

 驚きの「広さ」で心までのびやかに
「新しい家には広いリビングを!」そう思っていても、一般的な木造住宅では部屋の間口は3.6m程度。それ以上になると梁を太くしたり壁を作ったりしなければならず、トータルで広い空間をつくるのは難しいのが現実です。テクノストラクチャーなら最大間口が約6m。さらに天井高も約2.8mまで可能なので、開放感あふれる大空間が実現します。

勾配天井や吹抜けがさらなる開放感を生み出します。
屋根までの高さをフルに生かして、天井を勾配にしたり吹き抜けにしたりすれば、室内が上にも広がって、いっそう広々としたオープンな空間となります。
バルコニーを広げると楽しみも広がります。
一般的な木造住宅では、下に柱のない持ち出しバルコニーの奥行きは0.9m程度。これでは洗濯物を干すのが精一杯です。テクノストラクチャーなら最大で2倍の約1.8mまで広げられるので、テーブルセットをおいてティータイムを楽しんだり、ガーデニングをしたりと、楽しみもぐっと広がります。

 住まいへの夢をかなえる『自由度』が自慢です。
お子さまも大喜びのプラスαのスペースに。
勾配天井を活かして、ロフトを作ることも可能です。子供部屋に設置すれば、遊び心いっぱいの楽しい空間ができあがります。

フリーウォールで自由自在設計。
テクノストラクチャーの強さを生かした広い空間は、間取りの自由度アップにもつながっています。室内の自由な位置にフリーウォール(間仕切り壁)を設置できるので、家具にぴったりと合わせた広さにすることもできます。フリーウォールによって収納スペースをつくり、子供部屋を二つに分割。自由な位置に壁を設置できるので、収納家具もすっきり納まります。
  ■フリーウォールプラン例
●乳児期
子育て室を設けて、赤ちゃんを快適に育てる工夫を。ご主人の寝室を分ければ、夜泣きも気になりません。
●子育て期
子供たちが成長したらそれぞれに個室を設けてプライベートな空間を確保します。
●子ども独立期
子どもたちもそろそろ独立の時期。独立和室はお客様のためのゲストルームに最適です。
●同居期
しっかり空間を分けられるので、プライベートもしっかり確保。娘夫婦との同居もスムーズに行えます。
   

子どもの頃に憧れた、屋根裏の秘密基地。
隠れ家のような雰囲気がある屋根裏の部屋は、誰もが一度は憧れたものではないでしょうか。テクノストラクチャーなら、これまで天井と屋根の間に隠れていた屋根裏部分もしっかりお部屋として利用できます。ご主人の書斎や奥様の趣味のお部屋など、これまで独立した一部屋として確保しにくかったスペースにしたり、収納場所にしたりと有効に活用できます。
※屋根裏を住居として利用する場合は3階建て扱いとなります。
※プランや地域によっては対応できない場合もあります。

木のぬくもりがうれしい、やすらぎの空間。
木目が美しい木の柱や聚楽(じゅらく)土の塗り壁。
伝統的な和室に限らず、自然素材を生かした部屋は、心を和ませる空間として見直されています。
強さを高めながら木造住宅本来の特徴をそのまま受け継ぐテクノストラクチャーなら、本格的な和室から和の雰囲気を残す現代的なフローリングの部屋まで、心落ち着くこだわりの空間を演出できます。

このページの先頭へ戻る       
会社概要 ACCESS CONTACT サイトご利用にあたって
Copyright(C)All rights Reserved by 株式会社コヤノ建築事務所