HOME テクノストラクチャー工法(構造特長) site map

木の家の良さを伸ばしながら、「もっと強く、もっと心地よく」を実現させる住宅工法。それが「テクノストラクチャー」です。構造的な“不安”を“信頼”に、現場ごとの“バラツキ”を“安定品質”へと変える、これからの新しい「木の家」のかたちです。

住宅の重みを支える梁には、高品質・高強度が求められます。しかし、このような良質で大きな木材は手に入りにくくなっているのが現状です。
テクノストラクチャーではこの梁に、独自に開発した高強度な“テクノビーム”を採用。物件に合わせて工場生産するので、高品質な梁を安定的に提供します。
テクノビームとは?
軽量H型鋼を芯材に上下を木ではさんだテクノストラクチャー工法オリジナルの複合梁です。優れた強度を誇ります。

地震などの短期の荷重に差が出る強さ。
同じ力を加えた比較実験でも、テクノビームの強さが立証されました。
長期荷重にも「たわみ」がほとんど進行しない
高耐久性能。
住宅の重みを支える梁には、時間の経過とともに若干のたわみが生じます。特に木製梁は、荷重がかかりつづけるとたわみの変形が年々増していくクリープ変形という現象が起こります。
●木製梁 ●テクノビーム
長時間の荷重によって、たわみが進行します。 長時間の荷重にもクリープ変形はほとんどありません。

鉄のサビに対する不安にも「溶融亜鉛めっき」で対策。

テクノビームの芯材となる鉄骨には、防錆作用に優れた「溶融亜鉛めっき処理」が施されています。めっき被膜は住宅性能表示制度における劣化対策等級3(最高等級)の基準をクリアする付着量で、サビからしっかり守っています。

木と木をつなぐ一般的な方法である「ほぞ加工」。この方法は有効な手段である反面、地震など大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。そこでテクノストラクチャーでは、断面欠損を最小限に抑え、かつ接合強度を高めた「オリジナル接合金具」を開発し、住宅の強度を高めています。
柱と梁や土台など、引き抜き力がかかる接合部には、ほぞ金具にドリフトピンを直角に打ち込むドリフトピン接合を採用しています。

一般接合を大きくうわまわる、柱の引抜き強度。
テクノストラクチャーの柱の引抜き強度は、一般的な木造接合金具を使用した場合と比べて約3倍です。ピンを打ち込むだけで安定した強度を発揮します。
部分の切り欠きを抑えて安定した高強度を実現。
テクノストラクチャーでは、素材の力を最大限に引き出すために、木材の切り欠きを最小限にしたオリジナルの接合金具を開発しました。施工者によって強度に偏りが出ることもなく、全ての部位で安定した高強度を実現すると同時に、施工のスピード化・品質の安定化も実現しました。
ほぞ加工に加え、接合部を補強する金具を取り付けるので、さらに断面欠損部分が多くなる場合があります。
赤斜線部=断面欠損部(※断面欠損…ほぞ加工等を行った際に、木材を切り欠いた部分。)
※イラストはイメージです。実際とは仕様が異なる場合があります。

筋かいを強固に固定する金具。 土台と大引(床を支える横架材)を安定接合する金具。 直交するテクノビームをボルト接合する金具。
オリジナル接合金具仕様で
全ての部位に高強度を実現。
ドリフトピン接合以外の部分も、柱・梁・筋交い等の主要構造部の接合に、オリジナル接合金具を使用。テクノビーム同士の鉄骨部は、かね金具とボルト4本で締めつけるボルト接合を採用し、強度を高めています。

構造設計がいい加減だと…
地震などで大きな力がかかったとき、まず強度バランス上弱い部分が損傷を受け、変形を起こします。さらにまわりが損傷部を支えきれなくなると、家全体が倒壊に至る場合があります。
いくら構造部材が強くても、従来のように構造体の組み方(構造設計)がカン頼みだと、耐震性の高い建物にはなりません。そこでテクノストラクチャーでは、一邸一邸しっかり強度チェックしながら構造設計を行う、安心のシステムを採用しました。

一邸一邸に根拠のある強さを確保。
テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。万一の市全災害にも耐えられる構造設計を全ての物件で追及しています。
テクノストラクチャーでは独自に開発した「自動躯体設計システム」で緻密な構造計算・構造解析を行います。
住まいごとに異なる諸条件を加味した多角的な構造設計。
厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造設計をしています。

左図…自動躯体設計システム構造計算画面
※多雪区域の項目数。

このページの先頭へ戻る        
会社概要 ACCESS CONTACT サイトご利用にあたって
Copyright(C)All rights Reserved by 株式会社コヤノ建築事務所